大切なお知らせ等のページです。
地域の皆様から必要とされ愛されるお店

とんかつの店

TONKA−TONKAあい






〒 187-0024
東京都小平市学園東町2-13-11
TEL 042-343-9813

※閉店のお知らせ

1 素材  

2 衣の色が濃い訳
3 食べログの記載に付いて
食品表示について
食品表示について
小さなお子様のおいでのようなご家庭にはシールを張ってお持ちしていますが、会社等大人の方にお届けするお弁当には今の所シールを貼っておりません、
アレルギー体質の方がご自分の体質に合わない食品や調味料等が入っているかどうかの判断材料にするための表記ですので、此方に詳しく列挙しておこうと思います。
(環境汚染のひどい中国産の材料は使わない事を原則にしておりますが、味醂に使用されている米が国産とタイ産と中国産が使われていることが判りましたので変えようと思っておりますが、現在使用しているものを書きました。

食材
豚肉

ロース(山形豚)
ヒレ肉(山形豚&アメリカ産)
ミルフィーユ(ノーブランド国産肩ロース)
生姜焼きおよび豚焼き肉(メキシコ産肩ロース)

鶏肉(ブラジル産モモ肉)
ささみ(国産)

海老(ベトナム産)

牡蠣(広島産)

豆腐(丸大豆<カナダ・アメリカ産遺伝子組み換えでない>にがり・グリセリンエステル)

漬物(大根・砂糖・醤油・酢・生姜)

野菜(全て国産)
キャベツ・レモン・ジャガイモ・玉葱・小ねぎ・長ネギ・パセリ・生姜・ニンニク・ほうれん草・人参・モヤシ

パン粉
小麦粉・砂糖・バター・卵・塩・脱脂粉乳・イースト・イーストフード

調味料
味醂(もち米<タイ・中国・国産>醸造アルコール)
    中国産の米の割合がわかりません、いずれにせよ中国産はいやなので安心な味醂に変更し近い    うちに書き換えます。

醤油(脱脂加工大豆 遺伝子組み換えでない)小麦・食塩・アルコール)

砂糖・鰹節(国産)・塩(イタリア産岩塩)胡椒(ベトナム産ブラックペッパー)

胡麻(国産)

胡麻油(ナイジェリア・タンザニア・ブルキナファソ)

マヨネーズ(食用植物油脂・卵・醸造酒・水あめ・砂糖・食塩・アミノ酸・香辛料抽出物・小麦・大豆)      
ソース(現在調査中)今日中に回答が来ますがとりあえずこの状態でアップします。

箸(ベトナム産) 
おしぼり(国産)



閉店及び今後のお知らせ
営業について

チラシ上では営業時間を 11;00〜20:00(8時)と書いてありましたが、再開して考えが変わりました。
以前と同じ 11:00〜21:00(9時)に変更します。

9年に渡り地元の皆様に支えられて営業を続けてまいりましたが、この度止むを得ない事情がおきまして閉店をすることになりました。
地元の方々や一ツ橋大学の学生さんそしてお仕事で地元に通っていらっしゃる方々等本当に多くの方々においで頂いて、楽しく過ごした9年間でした本当にありがとうございました。

今後学園東町の自宅に場所を変えて配達専門の店として営業を再開させて頂く為、準備中でございます。

商品はTONKAの商品をそのまま全てお惣菜とお弁当として配達をさせて頂きます。
電話番号も変わりません。

保健所の指導やメニュー写真の作り変えなどこまごまとした作業が沢山ありますので、開店は9月の半ば過ぎになると思いますが、開店しましたらチラシ等でお知らせを致しますので、又ご利用いただけると嬉しいです

                        
                       平成27年08月27日     TONKA−TONKAあい

1 素材
お肉(現在は山形豚を使っています。芋豚と同じとうもろこしや麦など穀物を与えきれいな美味しい水で育った本当に美味しい豚です)

安全と美味しさと価格
この3点を考慮して色々な肉を食べ比べました。
そして選んだ肉は当初国産肉ではヒレとロースは茨城産の麦豚。
輸入肉ではヒレはアメリカ産(テキサス)ロースはメキシコ産、鶏もも肉はブラジル産と決めました。

ロースとヒレは麦豚でそれ以外の肉は千葉産と茨城産の国産肉でした。
(これは問屋さんの仕入れに合わせました。)

その後今年に入っていも豚を見つけ、数人で食べ比べを行いました。
その場の全員が麦豚の方が水っぽいとの意見だった事や、問屋さんとの相性なども考慮していも豚に変更をしました。

ミルフィーユ・メンチカツ用の肉は茨城産のノーブランドの肉を使用しています。
いも豚でミルフィーユを作りましたがそれはそれは美味しいです。
でも価格を上げずにいも豚に変える事はとてもできません。
やむなく今までどおりのノーブランドの肩ロースを使用しています。
(それでもかなりの人気商品です)


いも豚です            アメリカ産です         真空状態のいも豚と輸入豚です

上記写真は現在のものと違っています近いうちに差し替えます。

昨年アメリカンフットボールの方のお弁当を作りました。
マネージャーさんと何度も打ち合わせTONKAのメニューにないものを幾つか作りました。
大きな体の方たちが思いっきり食べられるように量も沢山必要でした。
価格を抑えるためにお肉が輸入でもかまわないとの事で、試してみました。
結果鳥のももだけは全く違いはなくむしろ油はとても少ないのにジューシーさは変わりませんでした。
ささみは少し硬いような気がしたので採用せず,もも肉だけはブラジル産で作りました。
おかげで沢山使えてとてもよかったのです。
食の安全が保たれるのなら諸事情を考慮して鳥のもも肉だけは輸入の肉を使う事にしました。
2010.1.26


お野菜



2000.12.22(更新)

最近店でお出ししているキャベツが甘くて最高に美味しいのです。
切りながらつちょっとつまみ食いをするのですが、食べるたびになんて美味しいの と思います。

キャベツが美味しいので彩りに入れていた人参とキュウリを止めました。
塩もみのキャベツもとても美味しいのでもしお店にいらした方は、ただのキャベツと思わず味わって食べていただきたいな・・・

大根も美味しい時期でわが家の趣味で作っている無農薬の大根も採れ始めました。
大根が採れている間は甘い大根おろしが召し上がれます。



当初はほとんどを福島の有機農法で作られた低農薬のお野菜を使用していました。
一生懸命協力をして頂いておりますが、野菜より送料の方が高いのが現状です。
そこでキャベツだけは生協など地元で購入しそれ以外の野菜はあるものは福島から調達をし、福島で無いものは地元で出来るだけ吟味して購入しています。

2000.11.2
当面は主にサミットで販売しているキャベツを使う事にしました。

輸送コストの問題や保管の問題等を考慮して安全で安定供給が望まれる上記商品を購入しています。
これも何時状況が変わるか判りませんが当面はこのキャベツですので、気になる方はグリーンフィールドのホームページをご覧下さい。↓
http://www.greenfield.ne.jp/

2000.12.15

サミットのキャベツも安定供給とは行かないようです。
入荷しない日が増えてきていた矢先に、フラのお仲間で農協の購買部で働いている方に気付きました。
彼女のお勧めの生産者のキャベツを買ってみましたが、本当に甘くて美味しくこんな身近にあったのだと嬉しくなりました。
毎朝採った物が店頭に並べられるという事もありとっても美味しいのです。
普通の農家は皆農薬を使って作っているとの先入観で省みる事がありませんでしたが、思いがけず新鮮なキャベツが手に入ることになりとても嬉しいです。


全ての価格が上がって価格を維持する事が大変になってまいりました。
それでも上げずに頑張りたいと商品の味や品質を落とさない部分の仕入れは出来るだけ工夫をすることでなんとか維持しております。

今の時期キューリ・ナス・ミニトマト・シソは自家菜園の無農薬の物が取れますのでそれを使用しています。(量が少ないのでもうすぐなくなります)。
ネギとジャガイモは福島から届きました。
先日長男夫婦が福島に行ってお手伝いをしたときのネギやジャガイモの畑です。



調味料
イタリア産の天然岩塩とブラックペッパーを毎日挽いて使用しています。
豚汁はいも豚と野菜のほかに鰹節の粉を入れるときもありますが、原則は素材と味噌のみで味をつけております。
化学調味料は使用しません。


サラダオイルです。(菜種・椰子のブレンド)

パン粉
沢山のお店の中から選びました
漂白剤を使用していない小麦粉を使用して焼いた評判の、美味しいパンを数日寝かしてパン粉にしております。

2 衣の色が濃い訳

開店当初からたびたび指摘を受けなやみの種が衣の色です。
食べてはサクサクでとても美味しいと言って頂くのですが、最初は気になったとおっしゃる方も多いのです。

食べて納得していただいてる方が今TONKA−TONKAあいのかつを好きでいてくださるお客様ですが、色を見ただけで食べる気にならない方もいらっしゃるようですので、此処に説明を書くことにしました。

業務用のパン粉と違って美味しく食べるパンで衣を作っておりますので、糖分が多く焦げやすいのです。

糖分を減らして焼いて頂いたこともありますが、その食パンは店では売れません。
沢山の量のパンを頂くようになったらそれも良いかも知れませんが今は無理な事と、衣自体少し味が変わってしまいます。
色々悩んだ末に、この色をお客様に理解して頂こうと決めました。

油もまめに変えておりますので、古い油で揚げたかつとは全然違います。
又上げすぎるとかつは硬くなりますが当店のかつはとても柔らかいとほとんどの方がおっしゃいますので決して揚げ過ぎでもございません。

この色の濃さがTONKA−TONKAあいの美味しいとんかつの特徴だとご理解いただけたら嬉しいです。
3 食べログの記載に付いて
食べログにTONKA−TONKAあいの事を紹介して下さった方がいます。
総合評価やサービスの評価に少し残念な面もありますが、その方が感じたままを客観的に書かれていて悪意も感じられずむしろ載せてくださった事に感謝したいと思っております。

若干誤解があるのでそれは釈明させて頂きたいと思います。
もし食べログからいらっしゃる方がお出ででいたら写真も掲載しますのでご覧いただきたいと思います。

とんかつの専門店として決して恥じる事の無い商品をお出ししていると自負しております。

最初にこの方が召し上がったヒレかつ定食の肉はアメリカ産の肉では無く、国産のいも豚です。
何も言わないとアメリカ産が出てくると思われていることは誤解です。
店内で召し上がっていただく肉はカツ丼を除いて全て国産の肉です。
(ヒレとロースがいも豚で、ミックス定食のミルフィーユは国産のノーブランド肉です。)

現在表示してあるメニュー表には価格と共にいも豚と明記してあります。

もしかしてその方が見えた頃はまだ写真にいも豚の明記が無い頃かもしれません。
外の看板には最初から明記してあったのですが・・・

カツ丼だけは価格を抑えるためにアメリカ産を使用しています。(ご希望があったときだけ国産にして差額を頂きます)

それから豚肉の味がしないとのご指摘はその通りです。
いも豚の特徴が獣くささを出来るだけ抑えると言う事を目的としてハーブや芋の飼料で育てられた肉なので豚肉の匂いが薄いのがいも豚の特徴です。
又アメリカ産の肉もいも豚よりさらに柔らかくもっと肉のにおいがしません。

最後に当店の肉は加工は一切しておりません。
ヒレによって細い物太い物色々ありますのでグラムでそろえて切りますと肉の厚さが薄いときや厚いときがあります。
大きさを均等にする為に少したたきますがそれ以外は手を加えておりません。

ブロックの状態と切った状態の写真を掲載しておきます。